HOME>オススメ情報>通勤や通学に適した場所探しをすることが大事

どこに住むかを慎重に考えるべき

握手

横浜市内で賃貸マンションを探す時、地域によって雰囲気が違う上賃貸料も違って来ることになります。横浜と言うイメージからみなと未来地区や中華街を意識する人が多いかも知れませんが、これら地域は繁華街として有名であり、住宅地ではないと知っておきましょう。役所関係となる職場も多く、この周辺での賃貸物件は他地域より高く設定されることが多くなっています。そのため住宅地域にある賃貸マンションを求める人には、港北区、都筑区、緑区、青葉区などの地域が東京への通勤にも便利と言うことで人気となっています。横浜市内への通勤を考える人ならば、根岸線利用の磯子とか京浜急行利用の金沢周辺へと足を伸ばすことも可能になり、賃貸料も安く利用出来ると考えられます。

区によって価格が違う

住宅模型

横浜市内で賃貸マンション費用を比較する場合、区によって考えると判りやすいと思われます。ワンルームマンション家賃を知ることで、部屋数が多くなるにつれ家賃も高くなると判断出来ることになります。このワンルームマンション家賃相場では、旭区や保土ヶ谷区周辺が5万円台と比較的安く設定されることが多くなっています。ですが中心部である中区や住宅地と人気の都筑区では7万円台と高く設定されていることが判ります。交通環境の影響が大きいと考えて良いのでしょう。

治安の良い所に住みたい

マンションの模型

横浜の街の評判を確かめて見ると、人気の街は戸塚と言う意見が聞かれます。横浜でも温暖な地域と言われ、湘南の雰囲気をわずかに感じることが出来ることもあり、交通の便も良いことがそれらの理由になっているようです。また人気の街となっているのが桜木町周辺ですが、家賃相場がかなり高くなっているネックもあると知っておきましょう。更に治安の良さを訴えるのが金沢文庫周辺で、交通の便が良いこともあり若者を含め人気の街にもなっています。賃貸マンション住まいでは、治安の良い所が人気となるのが当然のことかも知れません。

広告募集中