手ごろで借りやすい

家の模型とお金

マンションやアパート、一戸建てなどの賃貸は住み替えしやすく、引越しが多い人にとって役立つ物件です。例えば横浜に引越したいと考えたときに家を買うには頭金などの資金が必要ですし、住んでからは毎月住宅ローンの支払いがあります。それに一度家を購入してしまうとその場所から引越ししにくくなります。そうした意味では賃貸というのはとても便利な住まいです。ちょっとの手数料で借りることができるし、引越したくなったら退去の手続きを踏めば引越しができます。横浜なら学生やフリーターの一人暮らしに最適な、家賃がお手頃な賃貸マンションやアパートなどの物件も豊富にあります。また、一戸建てなら近隣を気にしないで暮らせるので小さい子供がいる家族に需要が高いです。

仲介の仕組み

間取り図

賃貸物件を所有しているのは大家さんですが、大家さんから直接借りるケースは稀です。ほとんどの場合、不動産会社が間に入って大家さんとの間を取り持ってくれます。大家さんから依頼を受けた不動産会社が、不動産情報サイトなどに賃貸マンションなどの物件の情報を掲載し、入居者を募集します。そしてそれを見た入居希望者が不動産会社を通して大家さんと賃貸借契約を結び、正式に借主となります。契約が正式に成立した暁には、不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払うのが一般的です。仲介手数料は家賃の半月分と決められていますが、横浜では一か月分請求されるケースが慣習として浸透しています。また、シーズンによっては仲介手数料がなしだったり半月分になる場合もあります。借り手が見つかりやすい春先よりも真冬や真夏などの閑散期は仲介手数料などの初期費用が安くなる傾向があるので狙い目です。

契約期間と契約更新

マンション

契約の席では様々な注意事項がありますが、事前に確認しておきたいのが契約の更新についてです。横浜に限らず、賃貸マンションなどの賃貸の契約期間は2年となるのがほとんどです。2年住んで契約満了が近くなると、契約更新の案内が不動産会社のほうから来ます。さらに延長して住みたいなら再度大家さんと賃貸の契約を交わして、契約の更新をします。その際に契約の更新料として家賃の1ヶ月分ほどと、2年分の火災保険料を支払うことが多いです。ただし、大家さんから直接借りたり不動産会社と管理会社が一緒だったりすると更新料が発生しない場合もあります。その辺はケースバイケースなので、最初に賃貸契約を結ぶときに不動産会社の担当者に確認しておくべきポイントです。

広告募集中